スポンサードリンク

2007年09月16日

メラノーマとは

メラノーマは日本語名称では黒色腫といいます。 

黒色腫(メラノーマ)は、メラニンを造る細胞であるメラノサイト(色素細胞)由来のほくろのがんです。 

メラノサイト(色素細胞)は、皮膚(表皮基底層・外毛根鞘上部・毛母)、網膜色素上皮、粘膜、脳軟膜、脈絡膜などに見られます。
皮膚上にメラノーマは出来やすいのですが、眼や脳、消化器管にも出来る可能性があるのです。

メラノーマが何もなかったところにほくろの様に出てくる場合もありますし、以前からあったほくろから出てくる場合もあります。

気付かずにほっておけば皮膚の深い部分にまで入り込み血管を通って体中に転移する危険があります。


メラノーマは極めて悪性のがんで恐れられていますが、早期に発見することで完治することも可能です。

posted by 朝田龍太郎 at 19:04| Comment(1) | TrackBack(0) | メラノーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

尺八してもらったけどありゃたまんねーな!!
ジュパジュパ凄い音させながら吸いつかれて、30秒で発射しちまった(笑)
しかもオレ、女にお任せして寝てただけなのに5マソも貰った件wwww
http://1ymej8k.jp.takaoka.mobi/
Posted by 吸引力の変わらないただひとつの… at 2011年08月02日 14:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。